/

寅さんの柴又、重要景観に 保護対象へ文化審答申

国の文化審議会は17日、映画「男はつらいよ」で主人公・寅さんの故郷として描かれた東京都葛飾区柴又など3地域のまち並みを重要文化的景観に選定し、保護の対象とするよう林芳正文部科学相に答申した。昨年の熊本地震で地表に現れた「布田川断層帯」(熊本県益城町)など2件を天然記念物に指定することも求めた。学術的価値が高く、災害遺構としても重要だと評価した。

柴又帝釈天(題経寺)の参道(東京都葛飾区)=共同

重要文化的景観が東京都内で選定されるのは初めて。柴又帝釈天(題経寺)と門前町、渡し船が行き交う江戸川など、下町情緒豊かな景観を保存しようと、葛飾区が選定を申請していた。

愛知県犬山市の「犬山城跡」=共同

重要文化的景観は国の文化財の一つ。開発が制限される一方、景観保護の取り組みに国の財政支援が受けられる。

審議会はこのほか、国宝の天守がある「犬山城跡」(愛知県犬山市)など10件の史跡指定と、仙台藩上級家臣の邸宅に築かれた「煙雲館庭園」(宮城県気仙沼市)など2件の名勝指定も答申。

昭和初期の大規模旅館建築「花巻温泉旧松雲閣別館」(岩手県花巻市)をはじめ、全国188件の建造物を登録有形文化財とすることなども求めた。

近く答申通り告示され、重要文化的景観は61件、史跡・名勝・天然記念物は3242件、建造物の登録有形文化財は1万1690件になる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン