電事連会長「極めて残念」、核ごみ説明会謝礼問題で

2017/11/17 17:08
保存
共有
印刷
その他

電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は17日の記者会見で、原子力発電環境整備機構(NUMO)が開く説明会で不適切な集客があった問題について「電力事業全体に不信感を招きかねず、極めて残念」と述べた。NUMOを巡っては、原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の処分地に関する説明会で学生に謝金を払うなど不適切な動員が発覚した。

電力会社で構成する電事連として勝野会長は「今回の事案を改めて共有し、注意喚起した。NUMOの事業をしっかりサポートしていきたい」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]