2018年11月21日(水)

先発薬、6年で価格引き下げ 厚労省が薬価改革案
毎年改定は21年度から実施へ

2017/11/17 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は年内にまとめる薬価制度の抜本改革案を固めた。後発品が普及する先発薬の薬価は、6年間かけて段階的に後発薬の水準まで下げる。画期的な新薬については、一定期間価格を維持する加算制度の対象を絞り込む。2021年度からは2年に1回だった価格改定を毎年実施し、高止まり批判が強い薬価の価格を適正化する。薬剤費の膨張に歯止めをかける狙いだ。

薬価制度の抜本改革は、抗がん剤オプジーボなど超高額薬の相次…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報