/

KDDI、ライフネット生命への出資比率引き上げ

KDDI(au)は17日、資本業務提携しているネット生保のライフネット生命への出資比率を引き上げると発表した。三井物産の保有株式を27日付で買い取る。出資比率は15.6%から約25%になる見通し。

KDDIとライフネット生命は2015年に提携し、16年からauブランドの金融サービス「auの生命ほけん」を展開するなど、結びつきを強めている。ライフネット生命にとっては保険の販路が広がる利点がある。KDDIは長期契約が必要な異業種と組むことで顧客を囲い込める上、通信事業以外の収益源を厚くできる利点がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン