2018年12月17日(月)

「拓銀」を超えて 破綻20年、危機克服と地域再生に挑む

2017/11/17 17:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

札幌・北海道神宮の本殿に向かう道の途中に、少し小ぶりの社が立つ。穂多木(ほたき)神社は1938年、旧北海道拓殖銀行の「守り神」として本店屋上に据えられ、その後ここに遷宮。拓銀が破綻してからの20年、苦境を克服しようと模索する北海道経済を見つめてきた。

 ■危機バネに銀行から自立

「予兆はあったが、まさかという思いだった」。97年11月17日。飛び込んできた主力行破綻の報に、調剤薬局最大手アインホー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報