2019年3月21日(木)

米アプライド、売上高が過去最高 8~10月

2017/11/17 8:37
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=藤田満美子】半導体製造装置世界最大手の米アプライドマテリアルズが16日発表した2017年8~10月期決算は、売上高が前年同期比20%増の39億6900万ドル(約4490億円)と、四半期ベースの過去最高を更新した。スマートフォン(スマホ)メーカーなど顧客企業の設備投資意欲が旺盛で、主力の半導体関連事業を中心に売り上げが伸びた。

純利益は61%増の9億8200万ドル。実質1株利益は0.93ドル(前年同期は0.66ドル)。売上高、1株利益とも市場予想を上回り、16日の時間外取引で株価は一時、同日終値比で2%超上昇した。

ゲイリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は電話会見で人工知能(AI)やビッグデータなど新技術の広がりでメモリーをはじめ半導体の需要も高まっていると説明。「18年度も半導体、ディスプレー、サービスとすべての事業で2桁成長を見込んでいる」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報