東芝、PC事業売却へ交渉 台湾エイスースと

2017/11/17 0:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営再建中の東芝は不採算のパソコン事業の売却に向けて台湾の華碩電脳(エイスース)と協議を始めたことが16日わかった。東芝は債務超過を解消するため、半導体メモリー事業を米投資ファンドなどに売却することで9月に合意した。さらにテレビやパソコンなど非中核事業についても売却を進めることで財務の健全化を目指す。

東芝のパソコン事業には中国レノボ・グループも関心を示しており、売却交渉は長期化する可能性がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]