/

この記事は会員限定です

パナ、インドからの新興国開拓 海外売上高比率7割視野 現地開発を加速

[有料会員限定]

パナソニックがインドの失地回復をきっかけに新興国開拓を急いでいる。先行する韓国勢に対抗するため、大胆な権限委譲で現地開発した家電が好調だ。今年4月にタタグループとともに開発拠点を開設し、新事業創出やスタートアップ支援にも着手。インドでの取り組みを「教科書」に、中東やアフリカ市場に攻めこもうとしている。

16日、首都ニューデリーを訪れたパナソニックの津賀一宏社長は日本経済新聞などに対し、「インドは将来、中核にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン