テムザック、介助なしで乗れる車いす型ロボット

2017/11/20 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロボット開発のテムザック(福岡県宗像市、高本陽一社長)は立ち上がらずに、後方から乗り込める車いす型ロボット「RODEM(ロデム)」(税別98万円)を開発した。利用者はスマートフォン(スマホ)でベッドのそばに呼び寄せられる。簡単に乗り降りできるようにして入院患者や介助者のストレスを軽減する。

4月に出資を受けた中堅商社のCBC(東京・中央)を通じて、20日から病院などから販売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]