2018年9月26日(水)

拓銀破綻20年 いつか来た道、内部対立は今も
未完の金融改革

金融最前線
2017/11/17 12:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 今から20年前、1997年11月17日、北海道拓殖銀行が経営破綻した。北海道開拓の精神を体現した国策銀行は戦後の民営化で巨大化競争に身を投じ、道外に活路を求めた結果、膨大な不良債権を抱えた。株式を上場し、収益を追い求める銀行すべてがいまなお陥りかねない構造問題がそこにはあった。

 「北海道で収益がうまく出せないから東京に出た。拓銀の失敗はそこだ」。拓銀破綻時に大蔵省(現・財務省)で銀行課長を務めて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報