2019年7月20日(土)

日本政府、ユネスコ分担金支払い 登録制度改革を評価

2017/11/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の2017年分の分担金を支払う手続きに入る。これまでは「世界の記憶」(世界記憶遺産)の扱いをめぐって支払いを留保していた。中国や韓国が後押ししていた旧日本軍の従軍慰安婦関連資料の登録が見送られ、登録制度の変更も決まったため。米国がユネスコ脱退を決めるなか、日本は制度改革を主導したい考えだ。

分担金は加盟国の義務で春に支払うのが通例だ。日本は「一部の国の政治利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。