/

この記事は会員限定です

宝飾店、鑑定イベントや自作で関心喚起 コト消費促し若者離れに知恵

[有料会員限定]

1年のうち、ジュエリーが最も売れる12月が近づいた。宝飾店にとってクリスマスに向けた贈り物需要が増えるかき入れ時だが、若い世代を中心にジュエリー離れが進み市場は縮小、購入単価も下落基調だ。店舗は需要喚起に取り組んでいる。

「どれが一番高いでしょう?」――。10月末、宝飾品を販売するアイデクト玉川高島屋S・C店で開かれた鑑定イベント。机に並んだ3つのダイヤモンドは同じに見えるが、価格はそれぞれ2万、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン