2017年12月16日(土)

宝飾店、鑑定イベントや自作で関心喚起 コト消費促し若者離れに知恵

小売り・外食
2017/11/16 17:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 1年のうち、ジュエリーが最も売れる12月が近づいた。宝飾店にとってクリスマスに向けた贈り物需要が増えるかき入れ時だが、若い世代を中心にジュエリー離れが進み市場は縮小、購入単価も下落基調だ。店舗は需要喚起に取り組んでいる。

 「どれが一番高いでしょう?」――。10月末、宝飾品を販売するアイデクト玉川高島屋S・C店で開かれた鑑定イベント。机に並んだ3つのダイヤモンドは同じに見えるが、価格はそれぞれ2万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報