/

働く力が湧く 「資本主義の父」の言葉

渋沢健著 「渋沢栄一 100の金言」

国内で1日に刊行される新刊書籍は約300冊にのぼる。書籍の洪水の中で、「読む価値がある本」は何か。書籍づくりの第一線に立つ日本経済新聞出版社の若手編集者が、同世代の20代リーダーに今読んでほしい自社刊行本の「イチオシ」を紹介するコラム「若手リーダーに贈る教科書」。今回の書籍は「渋沢栄一 100の金言」。江戸時代に生まれ、明治・大正・昭和時代を生きて「日本の資本主義の父」といわれた渋沢栄一が残した言葉を読み解き、働く意味や生き方、新しい時代を生き抜くヒントを示す。

◇  ◇  ◇

渋沢健氏

著者の渋沢健さんは、渋沢栄一の子孫で5代目(孫の孫)にあたります。1961年生まれで、87年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で経営学修士(MBA)を取得し、JPモルガンなどを経て2001年に独立。07年にコモンズ(現コモンズ投信)を創業し、会長を務めています。著書に「渋沢栄一 愛と勇気と資本主義」などがあります。

株式会社、日本に根付かせた偉人

渋沢栄一は明治維新の30年近く前、1840年(天保11年)に生まれました。27歳のとき、徳川慶喜の弟である徳川昭武と共に欧州諸国を見て回り、会社制度を学んだといいます。明治維新後は大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わり、民間に転じた後は、第一国立銀行の頭取を務めるなど、株式会社組織による企業の創設 ・育成に力を尽くしました。1931年に91歳で亡くなるまで、設立や経営にかかわった企業は約500社に上るともいわれ、キリンビール、東京ガス帝国ホテルなど今に残る会社もたくさんあります。その栄一が残した言葉を現代の読者に通じるように訳しながら、解説しています。

 ひとつの正しい答えを求める画一的な時代は終わりました。多様な価値観が混在する時代では、複数の正しい答えがあって当たり前です。年齢、経験を問わず、これからの輝く時代を拓(ひら)くために必要とされることは、先人の英知を用い、正しく問いかける姿勢ではないでしょうか。(はじめに 9ページ)

 「近年、渋沢栄一への関心がますます高まっている」と著者は述べます。平成の終わりが近づき、企業でも社会でも「改革」の必要性が指摘されます。社会に漂う閉塞感を打ち破り、新しい時代を切り開く活力が求められているのです。こんな時だからこそ、江戸時代の身分制度や経済の常識を突き崩した維新を経て、明治・大正という時代を生き、会社経営だけでなく医療・教育などの社会活動の面でも大きく貢献した栄一の言葉から、学びたいと思う人が増えているのかもしれません。

「自分の枠」を超える

著者は「縁の下で生活するというような、卑屈な考えを持っていては、とうてい社会の健全なる発達を図ることはできない」という栄一の言葉を紹介します。そして、これを現代に合わせて解釈し「サラリーマンだからという言い訳はやめよう」と呼びかけます。

社会に出て何年もたち、目の前の仕事に追われるうちに口をつく「サラリーマンだから」という言葉。これは自分の無力と無気力を正当化すると著者は指摘します。こうした「縁の下で生活する」ような考え方では、新たに何かを生み出すエネルギーは生まれないと警鐘を鳴らすのです。

 二一世紀の日本はふたたび「敗戦」を経験しています。認知限界を超えて、新たなレールを自ら敷く意識を持つ一人ひとりの集合が、世界の平和と日本の繁栄へとつながるのです。(第5章 信頼される人になる 153ページ)

生きる意味、理想への歩みに

「サラリーマン」の枠を超えるモチベーションを獲得するには、どうすればいいのでしょうか。栄一は「人は死ぬまで同じことをするものではない。理想に由(よ)って生きるのが、趣味ある人の行動である」という言葉を残しました。「趣味ある人」とは、人生を味わう人という意味で、自分や社会のあり方について高い理想を描き、実現に向けて努力するのが、限られた人生の意味だと著者は説きます。

 私たちの人生の最終的な結果は、皆、同じです。結果が同じであれば、不安を抱えるより、理想を持って、色々なことにチャレンジして、与えられた人生を楽しむほうがよいと思いませんか。(第4章 正しい生き方 123ページ)

本書は、見開きの右ページに栄一の「金言」と、それを現代の言葉に置き換えた文章を置き、左のページに著者の解釈と思いを載せる構成になっています。どこから読み始めてもよい形なので、手元に置いて時々めくってみるのもおすすめです。困難に直面したときや課題を解決しなくてはならないとき、生き方に迷ったときに、力をもらえる一冊です。

(雨宮百子)

◆編集者からひとこと 桜井保幸

日々忙しくしている皆さんにとっては、目の前の仕事や課題をこなすのに精いっぱいで「何のために働いているのか」「人生、何をなすべきか」などという、大きな問いを考える余裕はないかもしれません。でも、時には通勤時間や昼休みにスマートフォンをいじるのをやめ、本書のような「賢人の名言」に触れてみるのもいいのではないでしょうか。

渋沢栄一は江戸時代末期に幕臣となり、明治になると新政府の大蔵省に3年半務めた後、野に下りました。当時は官や政治が一番偉く、民やビジネスはその下にあると思われていました。

そんな時代に栄一は「私は論語で一生貫いて見せる」と言い、「仁徳なくして、経済は成り立たない」とを訴え続けました。本書の右ページにある「金言」を読むとあまりに直裁で、自分とは違うと思うかもしれませんが、左ページの解説を読めば、栄一も私たちと同じ悩みを抱えていたということがわかるはずです。

「若手リーダーに贈る教科書」は原則隔週土曜日に掲載します。

渋沢栄一 100の金言 (日経ビジネス人文庫)

著者 : 渋澤 健
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 864円 (税込み)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン