/

ホンダ、ソフトバンクと「つながる車」を共同研究

5G通信生かし

5G通信技術は自動運転での活用も期待される(ホンダが開発する自動運転車)

ホンダは16日、ソフトバンクと第5世代(5G)と呼ばれる通信技術を使ったコネクテッドカー(つながる車)の共同研究を始めると発表した。2018年度から北海道のテストコースにソフトバンクが5Gの基地局を設置する。5Gでは大量のデータを遅延なくやり取りできるため自動運転などで活用が期待される。走行中の自動車が外部と適切にデータの送受信できる技術を実用化する。

ホンダ子会社の本田技術研究所の鷹栖プルービンググラウンド(北海道鷹栖町)での実験を通じて、自動車が高速移動しても基地局を安定して切り替えられる車載アンテナをつくる。電波が弱い場所でも外部とデータを適切にやり取りできる技術も開発する。

自動車の次世代化が進む中で業種を超えた企業間の提携が活発になっている。ホンダはソフトバンクとは人工知能(AI)の分野で協力している。トヨタ自動車NTTと5Gを使ったコネクテッドカーの研究に着手している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン