/

スマホ証券ワンタップバイ、25億円調達 ヤフーなど

ワンタップバイの林和人社長

金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックのスタートアップ企業のワンタップバイ(東京・港、林和人社長)は、ソフトバンクなど4社から第三者割当増資で25億円を調達した。資金は新サービス向けのシステム開発や販売促進活動などに充てる。

ワンタップバイの既存株主であるソフトバンクやみずほ証券、モバイル・インターネットキャピタルに加え、ヤフーが新たに出資した。

ワンタップバイは2013年創業。スマートフォン(スマホ)経由で、米国株や日本株を手軽に売買できるサービスを手掛けている。16年6月のサービス開始以降、口座開設数は7万件を超え、株式投資の未経験者が7割を占める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン