2018年8月22日(水)

トヨタの運転支援技術が第2世代へ 他社戦略に影響も

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2017/11/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トヨタ自動車の運転支援システム「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が2018年に第2世代に進化することが分かった。現行の上位モデルと同じ、単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせを選択する。検知対象として、夜間の歩行者との衝突回避や、ステアリング・ブレーキ・アクセルを自動で制御する機能などを追加する計画。新世代の投入で衝突回避の性能を一気に引き上げる。

 トヨタは、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

AI開発を強化するトヨタ

自動運転を強化したトヨタの新型レクサスLS

トヨタはどこへ向かっているのか

日経BPの関連記事

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報