/

ネスレ、幼児向け栄養食品事業を再編

【ジュネーブ=細川倫太郎】食品世界最大手のネスレは15日、幼児向けの栄養食品事業を再編すると発表した。これまでグローバルで一括運営してきたが、今後は欧州、米国、アジアの地域ごとに担当する。各地域のニーズにきめ細かく対応できる体制を整える。

欧州、米国、アジアにそれぞれ責任者を配置する。研究開発や品質管理を担当する専門組織も立ち上げる。今年1月に就任したウルフ・シュナイダー最高経営責任者(CEO)は、同事業を成長分野の一つとして強化を急ぐ。「新体制は成長を加速させ、効果的に利益の拡大をもたらす」(同社)とみている。

ネスレを巡っては「物言う株主」として知られる米サード・ポイントが6月に同社株式を取得、利益率の向上などを求めている。ネスレは新興国の伸び悩みや価格競争の激化で既存事業の成長が鈍化し、立て直しを図っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン