2019年9月17日(火)

死亡の3人は大阪の会社員 三重の新名神多重事故

2017/11/15 21:53
保存
共有
印刷
その他

三重県亀山市の新名神高速道路下り線トンネルで、軽乗用車に乗っていた男性3人が死亡した多重衝突事故で、県警高速隊は15日、3人は大阪府枚方市の横路崇史さん(25)ら、いずれも枚方市の清掃会社の社員と明らかにした。

他の2人は大阪市旭区の谷口亮太さん(25)と、大阪府寝屋川市の橋立翔真さん(16)。横路さんが運転し、谷口さんが助手席に、橋立さんが後部座席に座っていた。3人は三重県内の仕事を終え、会社に戻る途中だったという。

事故は15日午前6時半ごろ、亀山市安坂山町の鈴鹿トンネル内で起きた。片側3車線の一番左の車線で横路さんの軽乗用車が大型トラックに追突。軽乗用車は弾みで右の側壁にぶつかり、追い越し車線で横転し、後続の乗用車が衝突した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。