2019年9月21日(土)

「半島有事想定し日米連携」在韓米軍司令官が来日

2017/11/15 20:00
保存
共有
印刷
その他

来日している在韓米軍のブルックス司令官は15日、小野寺五典防衛相と河野太郎外相と相次ぎ会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の情勢について意見交換した。小野寺氏との会談では朝鮮半島有事を含め「様々な事態を想定して日米がしっかり連携し対応する」と確認した。有事の際に在韓邦人・米国人をどう退避させるかも話し合ったとみられる。

小野寺氏は、自衛隊の艦船や戦闘機と米海軍の空母3隻との今月の共同訓練について「日米の決意をより目に見える形で示す大変有効なものだ」と強調した。ブルックス氏は「国際社会が経済制裁も含め圧力をかけることが有効に機能する」と語った。

小野寺氏は会談後、記者団に在韓邦人の退避が話題になったかについては「具体的な内容は話せない」と述べるにとどめたが「様々な事態に対応できるよう日米が連携していく」とも語った。

河野氏とブルックス氏との会談でも北朝鮮対応での日米、日米韓の連携の重要性を確認した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。