2017年11月19日(日)

神鋼工場、JIS追加取り消し 発覚後2度目

神鋼不正
経済
2017/11/15 15:47
保存
共有
印刷
その他

 日本工業規格(JIS)の認証機関、日本品質保証機構は15日、神戸製鋼所の子会社、コベルコマテリアル銅管の秦野工場(神奈川県秦野市)のJIS認証を追加で取り消したと発表した。今回の検査データ改ざん問題では10月に同工場の別製品の認証を取り消したのに続く2回目で、同工場が生産するすべての製品でJISが使えなくなる。

 今回の取り消しの対象は「外面被覆銅管」と呼ばれるもの。断熱性のある素材で銅管を覆ったもので、水道や燃料などの配管に使われる。日本品質保証機関は10月から審査を進めた結果、品質管理体制がJISに達していないと判断し取り消しを決めた。

 JISの認証機関は経済産業省の要請を受け、秦野工場を含め神鋼グループの20拠点で調査を進めている。他の拠点でもJISに適合しない製品や品質管理体制が認められる場合には、認証の一時停止や取り消しなどの措置を検討する。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報