2017年11月22日(水)

消費停滞は一時的 株高と値下げが支え

経済
2017/11/15 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2017年7~9月期の実質経済成長率は、1%程度とされる潜在成長率を上回る高めの成長となった。米中など海外需要が堅調で輸出が伸びたためだ。4~6月期の成長をけん引した個人消費は長雨や台風の影響で減少したが、停滞は一時的との見方が多い。株高による資産効果で高額商品が伸びるほか、小売りの値下げが日用品などの消費を下支えするためだ。

 内閣府が15日公表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)は季節調整…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報