/

この記事は会員限定です

面接官がAIになる日 「個人の尊厳」どう守る?

[有料会員限定]

就職は人生の大事な節目。だがその選考プロセスが人工知能(AI)に委ねられていたら、どう思うだろう。企業の採用の現場では、既にAIを使ったエントリーシートの審査や面接が始まっている。利用が広がればデジタル化されたあらゆる個人情報が、人生の重要事項を決める材料として使われる可能性もある。利便性を享受しつつ、個人の尊厳やプライバシーにどう配慮するか。対応すべき現実は、すぐそこまで来ている。

24時間どこでも面接

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

商標権や著作権、知的財産権など、ビジネスに関わる法律、ルールを読み解くコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません