2019年9月20日(金)

サッカー王国通信

フォローする

イングランドの守備崩せず ブラジル攻撃陣に課題
サッカージャーナリスト 沢田啓明

(1/2ページ)
2017/11/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の南米予選を首位で突破したブラジル代表が、11月に欧州へ遠征した。10日にフランス・リールで日本代表と、14日にはロンドンでイングランド代表と強化試合を行った。

ブラジルの場合、南米予選を通じて、各ポジションの1番手(レギュラー)から3番手くらいまでの"序列"がほぼ固まっている。遠征前、チチ監督は「新しい戦術、新しい選手を試したい」と語り、日本戦では控え選手6人を先発させ、さらに後半にも、控え選手5人を投入した。

「日本は対人守備に淡泊、攻撃も迫力ない」

近年、日本との試合は、試合の序盤にエースのネイマール(パリ・サンジェルマン)の活躍などで連続得点してブラジルが勝負を決め、後半は大幅にメンバーを代えてペースを落とすことが多い。この試合も、ブラジルがネイマールのPK、マルセロ(レアル・マドリード)の豪快なミドルシュートで先行し、さらに右からのクロスをCFガブリエルジェズス(マンチェスター・シティー)が中央で合わせ、前半だけで3得点を挙げた(もしネイマールがもう1本のPKを失敗していなければ、4-0となっていたところだった)。後半、日本も左CKからCB槙野智章(浦和)のヘディングシュートで1点を返したが、両国の力の差は明らかだった。

ブラジルの収穫は、テストした控え選手のうち、右SBの3番手ダニーロ(マンチェスター・シティー)がこの試合のベストゴールだった3点目をアシストするなど効果的な攻撃参加を見せたこと、ボランチの2番手であるジュリアーノ(フェネルバフチェ)が攻守に奮闘したことだろう。ただし、失点した場面で槙野に競り負けたCBの3番手ジェメルソン(モナコ)はかなり評価を下げたのではないか。

日本代表について知人のブラジル人記者に聞くと、「序盤は、必要以上にブラジルを怖がっている印象を受けた。全般的に対人守備が淡泊で、またせっかくボールを奪ってもパスミスが多く、攻撃に迫力がない。今のままでは、来年のW杯で1次リーグを突破するのは困難だろう」と手厳しかった。

メディアの関心はネイマールの涙

印象に残った日本選手を尋ねると、かなり考えた末、「ネイマールをある程度抑えた右SB酒井宏樹(マルセイユ)、3点目につながるクリアミスをしたが鋭い出足でブラジルのパスを何度かインターセプトしたMF井手口陽介(G大阪)、ネイマールのPKを止めたGK川島永嗣(メッス)、得点を挙げたCB槙野」の4人の名前を挙げた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー王国通信 一覧

フォローする
サウジ戦で先制点を挙げたガブリエルジェズス(中央)=ロイターロイター

 サッカーのブラジル代表がサウジアラビアへ遠征し、12日にサウジ代表と、16日にアルゼンチン代表とそれぞれ国際親善試合を行った。この2試合で最も注目していた選手が21歳のFWガブリエルジェズス(マンチ …続き (2018/10/22)

AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ブラジルは準々決勝で敗退して国民を落胆させた。しかし、ブラジルサッカー連盟はチチ監督のチームづくりの方向性を評価し、監督と2022年W杯まで契約を延長。 …続き (2018/9/15)

ゴール前に立ちはだかるベルギーの高くて厚い壁に跳ね返された=沢井慎也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)準々決勝ベルギー戦で、ブラジルは攻めても攻めてもゴール前に立ちはだかる“赤い悪魔”たちの高くて厚い壁に跳ね返された。シュート数がブラジル26、ベルギー8という数字が示 …続き (2018/7/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。