/

この記事は会員限定です

ビッグデータ保護の法改正 企業に思わぬ不協和音

[有料会員限定]

車の走行記録や工場の稼働状況といったビッグデータの法的保護の議論が大詰めを迎えている。経済産業省は来年の通常国会での提出に向け、不正競争防止法の改正案を最終調整中。データが契約相手などから流出した際に、入手した第三者による使用を差し止められるようにすることなどを検討中だ。ただ、思わぬ不協和音も聞かれる。

経産省は7月に不競法改正を審議する小委員会を立ち上げ、技術的保護をかけたビッグデータの不正利用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン