2017年11月23日(木)

「ミスタードーナツ」に食事メニュー トーストなど投入

小売り・外食
2017/11/15 12:44 (2017/11/15 14:45更新)
保存
共有
印刷
その他

チーズやツナのサンド(左端の列)、トースト(右端の列)などを17日から売り出す

チーズやツナのサンド(左端の列)、トースト(右端の列)などを17日から売り出す

 ダスキンは15日、「ミスタードーナツ」で食事メニューを17日から提供すると発表した。トーストやパイ、サンドイッチなど11種類を投入して朝食や昼食での利用を取り込む。これまでメニューのほとんどがドーナツで来店客は喫茶での利用に偏っており、店舗の売り上げが落ち込んでいた。

 「ミスドゴハン」と名づけて一部を除く店で販売する。トーストの上にタマゴサラダをのせた「たまごマヨ」(270円)や、ドーナツ風のパンにハムとチーズをはさんだ「ハムチーズ」(172円)など食事向けに仕上げた。店内で食べる場合は新たに導入するオーブンで焼き上げる。午前11時までは飲み物とのセットも用意する。

 これまでは半分の店舗でヤムチャなどを提供していたが、朝の注文は少なかった。ミスドを柱とするダスキンのフード事業は2017年4~9月期の売上高が183億円と、前年同期に比べ10%近く落ち込んだ。共働きや単身世帯が増え従来の家族向けの持ち帰りが減り店内で食べる客が増えているが、メニューの見直しが遅れていた。

 ダスキンの山村輝治社長は日本経済新聞の取材に応じ「これまで過去の成功体験から抜けきれなかった。朝の店内は閑散としていたが『朝ミスド』を定着させたい」と語った。日本マクドナルドが専用メニューで朝から営業している「朝マック」に対抗する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報