2017年11月18日(土)

元駐日大使の逮捕状請求 韓国検察

朝鮮半島
2017/11/15 10:41
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=山田健一】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前政権時に、情報機関の国家情報院が多額の裏金を大統領府に上納していたとされる事件で、ソウル中央地検は15日、贈賄容疑などで国情院長だった李丙琪(イ・ビョンギ)元駐日大使の逮捕状を裁判所に請求した。聯合ニュースが伝えた。

 李氏は2014年7月から15年3月まで国情院長だった。在任中に裏金の上納額が月5000万ウォン(約500万円)から1億ウォンに倍増されたという。地検は増額の経緯や朴前大統領の関与などを追及するとみられる。

 地検は13日、李氏に出頭を求めて取り調べ、14日に身柄を拘束していた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

韓国政府イ・ビョンギ朴槿恵韓国



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報