2017年11月18日(土)

ホーム・デポ、ハリケーン復興需要が業績押し上げ

小売り・外食
北米
2017/11/15 5:22
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=河内真帆】米ホームセンター最大手のホーム・デポが14日発表した2017年8~10月期決算は、売上高が前年同期比8%増の250億2600万ドル(約2兆8400億円)となった。8~9月に米南東部の大都市圏を襲った大型ハリケーンの復興需要が売り上げを押し上げ、来客数や平均購買単価が上昇した。

 純利益は10%増の21億6500万ドルだった。前年と比較可能な既存店売上高が7.9%増と、市場予想の5.4%前後を大きく上回った。

 同社はハリケーンに関連した商品購入が活発だったと指摘し、ハリケーン関連の復興需要は2億8200万ドルにのぼったと試算した。期中の平均購買単価は5.1%増、単位面積あたりの売上高は7.9%増だった。

 好決算を受け、同社は18年1月期通期の業績見通しを上方修正した。売上高は従来予想の前期比5.3%増から6.3%増に、1株利益は7.29ドルから7.36ドルに、既存店売上高は5.5%増から6.5%増にそれぞれ引き上げた。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ホームデポハリケーン大型ハリケーン



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報