2018年4月26日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

日馬富士暴行、貴ノ岩の親方が被害届 鳥取県警が捜査
相撲協会も聞き取り調査

2017/11/15 0:30
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の東横綱の日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=に暴行した問題で、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出していたことが14日、日本相撲協会関係者への取材で分かった。

日馬富士の暴行問題を伝えるテレビ画面を見る人たち(14日、福岡市博多区の福岡国際センター)

日馬富士の暴行問題を伝えるテレビ画面を見る人たち(14日、福岡市博多区の福岡国際センター)

 県警はトラブルの有無など事実関係の捜査を進めており、日馬富士や関係者から事情を聴くとみられる。

 協会は同日、九州場所が開催されている福岡市の福岡国際センターに双方の師匠を呼び出して事情を聴いた。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は事実関係を認めたうえで、貴乃花親方に謝罪した。

 協会は危機管理委員会を立ち上げ、日馬富士から話を聞くなどして調査する。春日野部長は「できるかぎり早く解明をしたいが、1週間や10日でできる話ではない」との見通しを示した。

 協会関係者らによると、鳥取で行われた秋巡業の前の10月下旬に力士らが参加した酒席の場でトラブルになり、日馬富士が激高して貴ノ岩に暴行したという。貴乃花親方は協会に対して「今のところ(被害届を)取り下げるつもりはない」と説明したという。

 貴ノ岩は大けがの後に福岡県田川市の市長を表敬訪問するなどしていたが、九州場所の初日から休場。13日に相撲協会に提出された診断書には、5~9日に福岡市内の病院に入院と記載。「脳振盪(しんとう)、左前頭部裂傷、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」などの病名が記され、9日付で「全治は2週間程度と考えられる」とされていた。

 日馬富士は稽古後の14日朝、福岡県太宰府市にある伊勢ケ浜部屋の宿舎で「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑をかけたことを、深くおわび申し上げます」と語って頭を下げた。同日、「左尺骨神経痛などにより約6週間の治療を要する見込み」との診断書を協会に提出し、九州場所3日目から休場した。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は23日、土俵と女性に関わる議論を目的とした臨時理事会を28日に東京都墨田区の両国国技館で開くと発表した。土俵の「女人禁制」についての議論が再燃する中で、相撲協会の芝田山広報部長(元横綱 …続き (23日 20:16)

 日本相撲協会の花籠巡業部副部長(元関脇太寿山)は23日、発熱などのために大相撲春巡業を20日に離脱した横綱白鵬が24日の茨城県取手市の興行から復帰することを明らかにした。
 22日に腰痛を訴えた大関高 …続き (23日 16:31)

 大相撲の春巡業は22日、東京都青梅市で行われ、夏場所(5月13日初日・両国国技館)で、2016年秋場所以来の優勝を狙う大関豪栄道は稽古で、新三役が確実な平幕遠藤を10勝1敗と圧倒した。低い姿勢で当た …続き (22日 23:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]