2018年8月17日(金)

サッカー

求められるクラブの国際化
フットボールの熱源

2017/11/14 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 来季、J1に復帰する湘南が経済産業省の国際化促進インターンシップ事業のプログラムを活用し、インドネシア人のギャジー・スマウィナタさん(24)を約2カ月間、スタッフとして受け入れている。2年前の就任時にクラブの国際化をうたった水谷尚人社長の発案で、外国人と働き、異文化を肌で感じることで、日本人スタッフの意識が変わるはずと考えた。

 ギャジーさんに与えたミッションは「インターナショナルデー」と銘打った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 ジャカルタ・アジア大会は16日、サッカー男子の1次リーグD組で、2020年東京五輪世代のU―21(21歳以下)で臨む日本はパキスタンを4―0で退け、2連勝とした。岩崎(京都)の先制点を含む2ゴールな …続き (0:39)

前半、4点目を決める岩崎(右)=石井理恵撮影

 男子サッカーの日本は初戦から先発8人を替えた。22本のシュートを打ちながら1点しか奪えなかった前回の効率の悪さをベンチで見ていた面々は、ピッチに出て攻撃への意識を強く持っていた。
 その一人だった岩崎 …続き (16日 23:48)

J1のFC東京から横浜Mに期限付き移籍し、ユニホームを着てポーズをとる久保建英(16日、横浜市)=共同

 J1のFC東京からJ1横浜Mに期限付き移籍した17歳のMF久保建英が16日、横浜市内での初練習後に取材に応じ「新たなチャレンジをしたいと決断した。今できる最大限の成長を考えた時に、マリノスに移籍しよ …続き (16日 16:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]