2017年11月21日(火)

サッカー

求められるクラブの国際化
フットボールの熱源

2017/11/14 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 来季、J1に復帰する湘南が経済産業省の国際化促進インターンシップ事業のプログラムを活用し、インドネシア人のギャジー・スマウィナタさん(24)を約2カ月間、スタッフとして受け入れている。2年前の就任時にクラブの国際化をうたった水谷尚人社長の発案で、外国人と働き、異文化を肌で感じることで、日本人スタッフの意識が変わるはずと考えた。

 ギャジーさんに与えたミッションは「インターナショナルデー」と銘打った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーJ1「アルビレックス新潟」のJ2への降格が18日、決まった。2004年にJ1に上がって以来初めての事態で、亀田製菓やコメリなど県内のスポンサー企業からは宣伝効果の減少を懸念する声があがった。 …続き (20日 22:00)

全国高校サッカーの選手宣誓に決まり、インタビューに答える青森山田の小山内主将(20日、東京都港区)=共同

 第96回全国高校サッカー選手権(12月30日~来年1月8日)の組み合わせ抽選が20日、東京都内で行われ、前回覇者で21大会連続出場の青森山田は、初戦の2回戦(1月2日)で草津東(滋賀)と対戦すること …続き (20日 18:27)

ロケレン戦で競り合うヘントの久保=左(19日、ロケレン)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは19日、各地で行われ、ベルギー1部、ヘントの久保裕也はロケレン戦にフル出場した。チームは3―0で勝った。ワースランドベベレンの森岡亮太はクラブ・ブリュージュ …続き (20日 8:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]