2018年11月19日(月)

サッカー

求められるクラブの国際化
フットボールの熱源

2017/11/14 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来季、J1に復帰する湘南が経済産業省の国際化促進インターンシップ事業のプログラムを活用し、インドネシア人のギャジー・スマウィナタさん(24)を約2カ月間、スタッフとして受け入れている。2年前の就任時にクラブの国際化をうたった水谷尚人社長の発案で、外国人と働き、異文化を肌で感じることで、日本人スタッフの意識が変わるはずと考えた。

ギャジーさんに与えたミッションは「インターナショナルデー」と銘打った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

クロアチア戦で得点するイングランドのケーン=左端(18日、ロンドン)=ゲッティ共同

 【ルツェルン(スイス)=共同】サッカーの欧州ネーションズリーグは18日、スイスのルツェルンなどで行われ、リーグAは2組でスイス、4組でイングランドが準決勝進出を決めた。
 スイスはホームでベルギーに5 …続き (9:17)

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)最終節は18日、各地で行われ、元日本代表監督の岡田武史氏(62)がオーナーを務めるFC今治はホームでホンダロックと1―1で引き分け、年間順位で勝ち点49の5 …続き (18日 21:41)

 サッカーの全国高校選手権の代表決定戦は18日、9府県で行われ、全48代表校が出そろった。埼玉は浦和南が17大会ぶり12度目、京都は東山が22大会ぶり3度目の出場を果たした。19日に組み合わせ抽選が実 …続き (18日 21:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]