2019年5月25日(土)

サッカー

求められるクラブの国際化
フットボールの熱源

2017/11/14 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来季、J1に復帰する湘南が経済産業省の国際化促進インターンシップ事業のプログラムを活用し、インドネシア人のギャジー・スマウィナタさん(24)を約2カ月間、スタッフとして受け入れている。2年前の就任時にクラブの国際化をうたった水谷尚人社長の発案で、外国人と働き、異文化を肌で感じることで、日本人スタッフの意識が変わるはずと考えた。

ギャジーさんに与えたミッションは「インターナショナルデー」と銘打った…

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

ナント戦後、取材に応じるストラスブールのGK川島(24日、ナント)=共同

 【イスタンブール=共同】サッカーの海外各リーグは24日、各地で行われ、トルコ1部でベシクタシュの香川真司は今季最終戦となるカスムパシャ戦に先発し、得点には絡まずに後半35分に交代で退いた。チームは3 …続き (14:09)

鹿島の安部(右)はFC東京の久保建らとともにU―20代表からの飛び級=共同

 Aマッチに1試合も出ていない選手が17人もいる「フル代表」の名簿もそうそうない。現代表の中心にいる精鋭たち、FW大迫勇(ブレーメン)、DF酒井宏(マルセイユ)らは国内の前哨戦2試合に顔を出すだけで、 …続き (24日 21:48)

 Jリーグは24日、2018年度の各クラブ(3月決算の湘南、磐田、柏、YS横浜を除く)の経営情報を開示し、J1神戸がリーグ史上最高営業収益となる96億6600万円を計上した。イニエスタの加入などで注目 …続き (24日 20:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]