2017年11月22日(水)

縮む投資、カネ余りに企業拍車(モネータ 女神の警告)

モネータ
経済
2017/11/15 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 「金利が0.5%上昇すると3億4800万ドル(約400億円)の損失が出る」。IT(情報技術)大手の米オラクルは今年6月、こんな試算を開示して投資家に注意を促した。利上げに神経をとがらせるのは、余資の運用先として大量の債券を保有するからだ。

保有債膨らみ金利上昇リスク

 1349億ドルの総資産のうち、設備など固定資産が占める比率はたった4%。半分は現金と債券だ。市場金利がちょっと上昇(債券価格は下落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報