/

この記事は会員限定です

クロマグロ、とれすぎて困った 漁業枠超過の懸念

[有料会員限定]

国際的な漁獲制限の対象である太平洋クロマグロが北海道を中心に予想外の豊漁になっている。サケやブリを取る定置網に同時にかかるケースが多く、全国の漁獲量も例年の2倍のペース。資源量の回復に向け国際社会に約束した漁獲枠を守れない懸念も出てきた。

11月上旬の午前3時。国内有数の漁場、北海道函館市の南茅部地区ではまだ暗い海に漁船が続々と出港した。15分ほどで漁場に着くと、漁師たちは全長数百メートルにも及...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン