2018年7月16日(月)

武蔵コーポ、中古物件で保証付き認証制度

2017/11/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

 収益用不動産販売の武蔵コーポレーション(さいたま市)は、同社が扱う中古物件の品質に関する独自の認証制度を始めた。社内外の1級建築士が建ぺい率や居室の採光、換気など70以上の項目を検査し、診断書を発行。認定物件の販売先には一定期間の賃料収入や無償の補修工事などを保証する。物件の質を担保し、投資家のリスクを低減する狙いがある。

 新たな認定制度は「リブレス」と名付けた。同社が仕入れた中古物件について1級建築士が建ぺい率や容積率の制限に違反していないかや、換気設備、給水管、地盤の状況などの項目を検査する。基準を満たした物件には検査診断書と保証書を発行。不適合が見つかった場合は修繕し、投資商品としての安全性を確保する。

 認定物件は基本的に満室での引き渡しを保証する。雨漏りや設備面などで不具合が生じた場合は引き渡しから5年間、無償補修に応じる。同社ではこれまでも物件の販売前に建築士が検査してきたが、認定書の発行で保証内容を明確にする。

 同社は買い取った中古不動産をリノベーション(大規模改装)して魅力を高め、入居者を獲得しやすくして富裕層向けに販売している。2005年の創業から約400棟の物件を再生した実績があり、自社のノウハウを認定制度で活用し、中古物件の流通を促進したい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報