2018年1月18日(木)

1/18 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、反発 ダウ322ドル高で初の2万6000ドル台、主要3指数が過去最高値
  2. 2位: 今年も続く「対アマゾン」レース[有料会員限定]
  3. 3位: 東証寄り付き 反発 一時2万4000円台回復 米株高や円安好感
  4. 4位: ゴールドマン、6年ぶり赤字 17年10~12月期
  5. 5位: 東証10時 堅調、電気機器に買い続く 高値警戒感も
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,095,827億円
  • 東証2部 105,767億円
  • ジャスダック 120,224億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.26倍17.52倍
株式益回り5.18%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,980.90 +112.56
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,970 +150

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株価上昇は小休止 再び膨らむか外国人買い
編集委員 前田昌孝

2017/11/15 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 3月期決算上場企業の4~9月期決算発表シーズンが終わった。日経平均株価は9月8日の1万9274円から11月7日の2万2937円まで、2カ月で3700円近く上昇。2018年3月期の好業績をほぼ織り込んだ。終値ベースでの2万3000円台乗せが次の目標になるが、円安の進行などが必要とみられ「やや遠のいた」(準大手証券)との指摘もある。毎年11月に増える傾向がある外国人投資家の買いが今年も膨らむかどうか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム