/

RIZAPの4~9月、純利益31%減

RIZAPグループが14日発表した2017年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比31%減の29億円だった。ゴルフや英会話など新規事業の立ち上げに伴い広告宣伝費が増えた。前年に企業買収で負ののれんが発生した反動減も出た。

売上高は51%増の625億円となった。主力のパーソナルトレーニングジムでは会員数が順調に増えた。アパレルやインテリアを手掛ける企業を買収した効果も加わった。

18年3月期通期は売上高を前期比58%増の1502億円、純利益を4%増の80億円とする従来予想を据え置いた。トレーニングマシン使い放題や体重リバウンド時に再びプログラムを受けられるといった継続利用を促すサービスの契約数が足元で伸びており、下期の利益増に寄与するとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン