/

この記事は会員限定です

ヤフー、適切な候補選ぶAI 広告表示で活用

[有料会員限定]

ヤフーは数十万単位の選択肢から適切なものを高速で選び出す人工知能(AI)技術を開発した。多くの広告や記事の中から利用者に合わせたコンテンツを選ぶ際などに活用する。従来の技術に比べ、精度が約3割高まるという。

ヤフーの日本人技術者が「アネックスエムエル」と呼ぶ技術を開発した。同社が特許を取得したうえで、研究や事業で使える公開プログラムとして無償提供を始める。

例えばネット広告の場合、1千万にも上る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン