2017年11月18日(土)

神鋼、検査自動化などに100億円 再発防止徹底狙い

神鋼不正
環境エネ・素材
2017/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 神戸製鋼所はアルミ・銅製部材の不正を受け、2018年以降に再発防止策として約100億円を投じる。真岡製造所(栃木県真岡市)などの検査データの書き込み工程を自動化するなどして、従業員の不正の余地をなくすほか、一部生産設備の改良で歩留まり向上につなげる。神鋼はグループ全体の品質管理体制の見直しも進めており、早期の信頼回復を目指したい考え。

 検査データの自動化は真岡製造所や大安工場(三重県いなべ市)な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報