2017年11月20日(月)

OKI、15分後のレジの混雑、AIが予測 

エレキ
AI
2017/11/15 6:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 OKIは小売店のレジの混雑を人工知能(AI)が予測するシステムを開発した。カメラが買い物客の入店をチェックし、15分後や30分後にレジに並ぶ客数を予測する。店長らにレジを何台稼働させたらいいか、スマートフォン(スマホ)に知らせる仕組み。人手不足で店員の採用が難しくなるなか、AIを使って店舗経営の効率化を支援する。

 新システム「VisIoT(ビショット)」を15日、スーパーやホームセンター、アパレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

新製品OKIAIレジカメラ小売店



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報