/

DDホールディングス、ダイニングカフェを買収

DDホールディングス(旧ダイヤモンドダイニング)は14日、ジャスダック上場でダイニングカフェを運営するSLDを買収すると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、最大で約47%の株式を取得して持ち分法適用会社にする。買収費用は6億8000万円を予定する。店舗網が手薄な東北や九州などに基盤を持つSLDを傘下に入れて成長を加速させる。

SLDはダイニングカフェ「kawara CAFE&DINING」などを全国で65店舗運営する。2017年3月期の売上高は55億円。20~30代の若者を中心に客数は増加基調で売り上げは伸びている。ただ、人件費や原材料高などのコスト高で18年3月期の最終損益は2億8千万円の赤字を見込む。DDホールディングスの傘下に入り、仕入れや予約システムを共有化して採算を改善させる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン