/

この記事は会員限定です

GPIF、年金マネー滞留 国内債再投資難しく

[有料会員限定]

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で、運用に回されない預金が積み上がっている。預金を中心とした「短期資産」は積立金全体の9.1%(9月末)となり、その割合は過去最高を更新した。年金特別会計を除いたGPIF単体でも保有額は約10兆2千億円にのぼる。株式の運用割合はすでに目安の数値に近づき、国内債券も再投資しづらい状況と、投資先のない年金マネーが滞留している。

GPIFは運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン