/

パナソニック、永平寺近くの町道で自動運転の実証実験

日経テクノロジーオンライン

パナソニックと福井県、永平寺町(福井県吉田郡)の3者は、「永平寺参(まい)ろーど」において、自動運転による車両走行の実証実験を2017年10月3日から2019年3月末日まで共同で実施している。

永平寺参ろーどは、京福電気鉄道永平寺線の廃線跡を遊歩道として整備した全長約6kmの町道で、えちぜん鉄道の永平寺口駅と大本山永平寺を結ぶ。永平寺町は自動走行実証実験用のオープンラボと位置付け、国と福井県の支援を受けて整備しており、沿線には大本山永平寺や少子高齢化が進んだ集落がある。実証実験では鉄道廃線後の交通手段確保など、地域の課題やニーズに対応できる自動走行車の有効活用について検証する。

今回の実験は、パナソニックが独自開発した2人乗りの自動運転EVコミューターと自動運転システム(車載システム)を使用しており、EVコミューターが道路上の白いマーカーに沿って自動走行する。同社内の車両試験場(神奈川県横浜市)や、京阪奈地区構内(京都府相楽郡精華町)、門真地区構内(大阪府門真市)で検証を重ねた自動運転技術を用いて、今回初めて公道に準じる環境で自動運転走行システムの検証と、自動運転EVコミューターの実用化に向けた有効活用の検証を行う。具体的には、樹木や家屋、高架下など、様々な環境下における自車位置測位やカメラ検知などの動作検証と、障害物の回避、道路脇からの歩行者の侵入に対する制動検証、クラウド上のサーバーを使用した車両管制システムの動作検証などを行う。

実証実験は、まず2017年10月3日から11月17日まで永平寺口駅から約1.4kmの区間で実施。その後、技術課題の確認などを行い、2018年4月から走行区間を全線に拡大して2019年3月末まで不定期に実施する予定だという。

(日経テクノロジーオンライン 森元美稀)

[日経テクノロジーオンライン 2017年11月14日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン