2017年11月19日(日)

シヤチハタ、高精細技術で個体識別~印刷の濃淡など見極め

食品・サービス
中部
2017/11/15 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 シヤチハタ(名古屋市)は印刷物の微細な色の濃淡などを見分ける超高精細の技術を開発した。同じ商品のラベルから人の目では見分けられない差異を把握し、ICタグなどを別途取り付けずに個体を識別できる。2019年度をめどに発売し、医療用麻薬など一つ一つの商品の管理が必要な病院や食品業界に売り込む。

 開発した技術「SAMP(サンプ)」は商品名などの印刷部分を5ミリ角の範囲で数百カ所チェックして個体識別する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報