/

この記事は会員限定です

AIアナウンサー採用 地方ラジオ局が人手不足対応

[有料会員限定]

人工知能(AI)が人間の代わりに「明日の天気は」とラジオ放送で読み上げる――。コニュミティー放送局のエフエム和歌山はこんな取り組みを始めた。「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーが自動音声でニュースと天気予報を伝える。同局によれば、国内初の取り組みという。

アマゾン「AWS」でサービス提供

活用するのは米アマゾン・ウェブ・サービスの「Amazon Polly」。文章を音声に変換できるAIだ。「Am...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン