2017年11月24日(金)

豊通、カナダの量子コンピューターメーカーと協業

ネット・IT
AI
2017/11/14 13:30
保存
共有
印刷
その他

 豊田通商は14日、カナダの量子コンピューターメーカー、Dウエーブ・システムズと協業すると発表した。量子コンピューターはスーパーコンピューターでも不可能な高速計算を実現できる「夢のマシン」ともいわれ、自動車や物流、金融などで活用が見込まれる。両社は共同で日本の顧客開拓などを進める。

 Dウエーブは1999年設立で従業員は約150人。2011年に量子コンピューターを世界で初めて発売したことで話題を集めた。これまで米グーグルや米航空宇宙局(NASA)などがDウエーブの製品を導入しているという。

 豊通はDウエーブと日本におけるビジネス創出で覚書を締結。今後、顧客開拓に加え、量子コンピューターを使ったビジネスモデルの構築も共同で行う考えだ。

 量子コンピューターは量子力学の原理を応用して演算を行うコンピューター。高速計算が実現でき、通信機能を持つ「コネクテッドカー(つながる車)」が取得したビッグデータ解析の効率化などにつなげられる。1990年代から世界中で開発が進んできた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報