/

この記事は会員限定です

東京五輪向けの3施設で整備費69億円増額

[有料会員限定]

2020年東京五輪に向けて東京都が整備する全8会場のうち、デザインビルド(DB、実施設計・施工一括)で発注する主要3会場で、16年末時点の整備費から増額となる見込みが明らかになった。

整備費増となったのは、16年末に会場見直しなどが議論された水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」、ボート・カヌー会場の「海の森水上競技場」、バレーボール会場の「有明アリーナ」の3会場だ。増額は計69億円に上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン