2017年12月17日(日)

手錠、腰縄の入廷「違法」 男性2人が国賠提訴、大阪

2017/11/14 12:09
保存
共有
印刷
その他

 法廷へ入る際に手錠と腰縄をつけた姿を裁判官と傍聴人に見られ、尊厳が傷つけられたとして、覚醒剤事件の被告となった30代と40代の男性が14日までに、国に計50万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 勾留中の被告は手錠と腰縄姿で入廷し、裁判官の指示で外されるのが一般的。刑事訴訟法が法廷での身体拘束を禁じる一方、刑事収容施設法では、逃亡や他者への危害の恐れがあれば護送中に手錠と腰縄を使うことができると規定し、現行の運用方法が定着している。

 訴状によると、2人の弁護人はそれぞれ今年1月と3月に大阪地裁で開かれた初公判の際、手錠、腰縄姿を見られずに入退廷できるよう遮蔽用のついたての設置を求めたが、裁判官は拒否。いずれも5月に有罪判決を受け、確定した。

 法廷での手錠と腰縄を巡っては、京都地裁でも同様の訴訟が係争中。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

手錠腰縄大阪地方裁判所



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報