/

日馬富士、力士に暴行か 「深くおわび」

九州場所を休場

(更新)

大相撲の東横綱の日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が、東前頭8枚目の貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=に暴行していた疑いがあることが14日、わかった。日本相撲協会の関係者らによると、10月26日に鳥取で行われた秋巡業後の酒席の場で暴行に及んだとされる。

稽古を終え、報道陣の取材に応じる横綱日馬富士(14日午前、福岡県太宰府市)=共同

日馬富士は14日、福岡県太宰府市にある伊勢ケ浜部屋の宿舎で「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方(元横綱)、貴乃花部屋、相撲協会などに大変迷惑をかけたことを、深くおわび申し上げます」などと語って頭を下げた。日馬富士は九州場所(福岡国際センター)3日目の14日午前、休場を届け出た。

貴ノ岩は九州場所の初日から休場した。13日に相撲協会に提出された診断書によると、5日から9日まで福岡市内の病院に入院。「脳振盪(しんとう)、左前頭部裂傷、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」などの病名が記され、9日付で「全治は2週間程度と考えられる」と記されていた。

関係者によると、日馬富士は、貴ノ岩にビール瓶などで暴力を振るったとされる。

日本相撲協会幹部は、九州場所を開催中の福岡国際センターで緊急会合を開いた。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が両力士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方から事情を聴く。

13日に取材に応じた貴ノ岩の師匠の貴乃花親方は「診断書に書いてある通り。これ以上はない」と話していた。

日馬富士は2001年初場所初土俵。08年九州場所後に大関、12年秋場所後には横綱に昇進した。今年9月の秋場所では3横綱が休場するなかで逆転優勝、9回目の賜杯を抱いた。九州場所では初日から2連敗と苦しいスタートを切っていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン