/

ゲイツ氏、アルツハイマー病研究に私財113億円を投資

【ニューヨーク=西邨紘子】米マイクロソフト創始者のビル・ゲイツ氏は、アルツハイマー病の新しい治療法の開発を支援するベンチャーキャピタルなどに総額1億ドル(約113億円)を投資する。欧米メディアとのインタビューで明らかにした。ビル&メリンダ・ゲイツ財団ではなく、個人的な投資だという。

投資額のうち、5000万ドルはアルツハイマー病の研究を支援する官民ファンド、また同額を同分野で独自性の高い研究を手掛けるベンチャー企業などに出資する。ゲイツ氏はブログで、私財を投じる理由を「最初の治療法がみつかるまでに、10年以上の歳月と非常に高いコストがかかる可能性がある」と説明。同病を発症した家族がいることも明らかにした。

認知症の主な原因であるアルツハイマー病の患者数は高齢化が進む先進国を中心に急増している。だが、いまだに原因は解明されておらず、決定的な治療薬もない。欧米や日本の製薬大手も開発を進めているが、今のところ成果は限定的だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン