/

この記事は会員限定です

ブリヂストン、IoTで鉱山タイヤ管理、交換効率向上 豪州に拠点

[有料会員限定]

ブリヂストンはあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用し、鉱山で使うダンプカー用タイヤの使用状況や交換時期を一括管理するサービスを11月中に始める。表面のすり減り度合いなどを予測し、鉱山の生産性に直結するタイヤ交換の効率を高める。機械や電機など大手製造業は製品の単品売りから保守などサービスを組み合わせた事業モデルへの転換を急いでいる。IoTの活用がこうした動きを加速する。

鉄鉱石鉱山の集積地であるオーストラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン