ブリヂストン、IoTで鉱山タイヤ管理、交換効率向上 豪州に拠点

2017/11/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ブリヂストンはあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用し、鉱山で使うダンプカー用タイヤの使用状況や交換時期を一括管理するサービスを11月中に始める。表面のすり減り度合いなどを予測し、鉱山の生産性に直結するタイヤ交換の効率を高める。機械や電機など大手製造業は製品の単品売りから保守などサービスを組み合わせた事業モデルへの転換を急いでいる。IoTの活用がこうした動きを加速する。

鉄鉱石鉱山の集積地で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]