/

この記事は会員限定です

日中改善へ「本気」の再挑戦 対中国、経済と安保切り分け

首相、習氏・李氏と相次ぎ会談

[有料会員限定]

【マニラ=地曳航也】安倍晋三首相は訪問先の東南アジアで、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席、李克強(リー・クォーチャン)首相と相次ぎ会談した。本格的な関係改善をめざす日本側は、10年近く途絶えている日中首脳の相互訪問の実現に全力を注ぐ。双方で歩み寄り機運が高まる中、中国側が日本の協力に期待する習氏の広域経済圏構想「一帯一路」の扱いが焦点になる。

日本の首相が1度の海外出張で、国家主席、首相と続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン