2017年11月23日(木)

中外製薬、特許切れ薬事業を売却 業界で新薬集中相次ぐ
売却額は200億円 太陽HDは医薬品事業に参入 

ヘルスケア
2017/11/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中外製薬は特許切れ医薬品事業を太陽ホールディングス(HD)に売却する検討に入った。約200億円で15品目程度の医薬品の製造販売権を譲渡する。医療費を抑えるため、国は薬価制度の見直しを始めており、特許切れ医薬品は値下がりする可能性が高い。製薬大手が特許切れ医薬品を売却する一方で、経営資源を新薬開発に振り向ける動きは加速しそうだ。

 譲渡する製品群の売上高は年100億円程度で、抗がん剤や骨・関節の治療…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報